月別アーカイブ: 2006年1月

放置プレイ・・・

してて済みません。

● 言い訳

年末〜年始にかけての冬期講習は終わった。
しかしその後、まったく休みがない。

休出上等、
てな感じだ。というのも

● 受験期

塾業界を甘く見てた。

塾生の中3が、もうすぐ受験なのだ。

で、休みの日と言えば模試をする。
模試をしたからには、模試の内容に関して、休みの日と言えども補講をする。

日が変わったから今日1/15も、模試。
そんで補講。

休めない。
鍋ができない。

● 文京区

で、うちの塾は、日曜・月曜が原則、休みなのだが、
1/15の日曜は、休出。
1/16の月曜は、東京都は文京区、東京大学のある辺りにある、ありがたい湯島天神へ、
中3生のために、合格祈願に行く。

で、1/17の火曜からまた、平常授業。

いつ休むんダー!

というか、

● 受験が終わると

今度は中1、中2の、期末試験があるのだ。

期末試験なんざ、こんな時期にしなくてもいいのに。
ガッコもちったぁ塾講のことを考えてほしいものだ。

というわけで、この中3中心のシフト体制、
受験が終わると、

● 期末テスト対策

に変わる。
日曜日に、補習、補講。
中1、中2中心の。

これまた土曜も日曜もない。

休めない。
ていうか鍋ができない。

● 鍋の浦見

(転職前の)前職の年休消化、兼、神経症加療期間、
平気で夫婦で
平日にキムチ鍋〜♪
とか、やってたのが懐かしい。

今や、僕の転職に伴う、年収200万ダウンで、お嫁も毎日仕事。
僕も毎日仕事。

火の車で鍋どころではない。
その火の車の火で鍋を、、

なんて気の利いた冗談を言ってる場合でもない。

● ただ

塾講なんてのは、人と関わり合ってなんぼの商売なのだ。
で、僕は、
人相手のほうが何十割か増しで、気が楽なのだ。

前職は、ほとんど人と会話もなく、
黙々とコンピュータの前に座ってカチャカチャやってるだけだった。

● そんで

生徒は僕の半分ぐらいしか生きてないような
人間達ではあるけれど、
それでも彼らの倍以上生きてるような僕の心の琴線を
絶えず、アルペジオで掻き鳴らし続けてくれる。

良い意味でも、悪い意味でもだが。

(授業中に、そいつが分からなかったから類題出して解説してやってんのにあくびとかされると、完全に掻き鳴らされて、そうやって死ぬまであくびしてろとか思う訳だが)

● 子曰く

「自分の好きなことを生業になさい、そうすれば一生、働かなくて済むから」
と、
昔の中国の偉い人が言ったそうだ。

孔子の言った言葉は、十が十かは分からないけど、
自分らしさというのを売り物にして
食っていけるのは、
ある意味僕にとっては
ありがたいのかも知れないと思うわけだ。

あけましておめでとうございます!!

 年が明けた。
 というわけで、必要にかられてPHPちょこっと改造(15分)。

 左上のカレンダーで、年や月が選択できるようになりました。

 これやっとかないと、去年の更新が見れないからね。

 というわけで、12月31日に真面目な更新をして、
 これからまた授業の予習をするのだ。

● 塾講師

 中学生の女の子とか、色々質問してくるのだ。

  ・先生いくつなの?
  ・先生って彼女とかいるの?
  ・え!?先生結婚してるの?

 最後のはけっこう失礼だぜセニョール。

● で、やはり最近の

 流行を知ってないと塾講師はやってられないのかも知れない。

 相手は今をときめく14歳だ。

● 武勇伝

 オリジナルラジオなのか
 オリエンタルラジオなのか
 よく分からないでいると馬鹿にされる。

 そしてコブクロの新曲の一つも口ずさまねば
 ジェネレーションギャップを間のあたりにする羽目になる。

● 咲くLOVE

 小袋の新曲、いい歌なんだけど、ラストが
 「君の中に 僕の中に 咲くLove…」

 お終いが、「咲くLove」だ。
 桜と、
 咲くLoveを掛けているということだ。

 それはまるで、「これでおしマイケル!」

 と同じではないか、とお嫁と直談判する。

● ぶゆうでんでんでん

 2006年である。

 このページ立ち上げてから3ヵ月ぐらい経つ。
 その間、vine linuxちゃんは一度も再起動無しで、ダンプ吐かずに動いてくれてる。

 そうか、もう2006年である。
 1976年生まれの僕は、何をどう足掻いても30になる。

● 塾講師

 初任給は、大学新卒と同じ。
 198000円。

 年収でいうと、前職より200万ほど下がる。

● 抱負

 10年前の抱負は「死に続けること、死にが足らなければ自ら殺し続けること」だった。
 前職に就職して1年経って「自分らしさを押し殺すこと」だった。

 今年は違うぜ。

● 俺はもっと俺らしく

 これが人間対人間の仕事(塾講)で、7年ぶりにできる。

 前のIT系企業では、僕らしく
  ・つい、うっかり
  ・ノリだけで発言
  ・突如前言撤回

 なんてやってたら、システムがどかーんだ。

 数万件の確認事項の内の一つがミスってただけで事件。

 しかし塾講は違う。

● 宿題

 生徒に出すわけだが、てきとーだ。

 受け持ってる8クラス中の1クラス、

 年末に出した宿題、まだ授業でやってない内容を宿題で出してる。

 あーあ、まぁ俺っぽいか。
 年明けに前言撤回だな。

● 今年の抱負

 ドリームジャンボで3億当たった夢を、3夜連続で見つづけた僕だが、
 今年の抱負はこうだ。

  ・僕らしく失敗しながら成長
  ・塾の教室長(一般企業の課長レベル)候補になる
  ・ロト6

 夢が満載だ。
 そうそう、それはそうと。

● 一富士ニ鷹三茄子

 なんて言うでしょう。
 夢に富士とか鷹とか、ましてや茄子なんか出てくるか?

 僕はノー。

 おー鷹だー、なんて言っててピーヒョロロ、あ、トンビ。
 みたいなのが関の山だ。

 だいたい、夢で茄子みたんだー☆ちょー濡れまくり〜

 なんていう縁起の言い話を婦女子から聞いたためしがない。

● 初夢

 というのは、1月1日の夜になってから寝て見た夢のことらしい。
 不覚にも僕は一度も見たことがない。

 今夜(1月1日の夜になって)、見る夢が初夢。

 鷹、こっちへカモンだ。

● というわけで

 何が言いたいのか、酩酊して分からなくなってきた。

 授業の予習は明日からだ。

 1/4からしばらくまた休みがないので
 更新止まるかも知れないけど
 宣しくです。

 今日は、ブログ表示処理のバグ修正と、
 ブログカレンダーの機能追加(《と》)でお腹いっぱいでした。

 というわけで本年も宣しくお願いいたします。